栄仁会カウンセリングセンター
Counseling center

カウンセラー紹介

担当カウンセラーは全員が臨床心理士の有資格者です。
認知行動療法、家族療法、問題解決アプローチ、自律訓練法、EMDR等々さまざまな専門的技法を習得したカウンセラーが、来談者にとって最も適切と考えられる方法で、もしくは来談者がご希望された方法でカウンセリングを進めていきます。

青字=男性カウンセラー赤字=女性カウンセラー

カウンセラー
(五十音順)
とくに関心のある療法、領域 プロフィール
青山
(あおやま)

[ 特に関心のある療法 ]
力動的心理療法

[ 特に関心のある領域 ]
家族関係、対人関係、愛着・発達の問題(乳幼児期、児童青年期、子育て、発達障害)、不登校、不安障害

人生のどの段階におけるカウンセリングにも意味があると考え、まずは真摯にお話をお聞きします。これまで、家族や対人関係の問題、子育てや愛着の問題、学校不適応や発達の問題、不安や生きづらさの問題、非行や虐待についての臨床経験を重ねてきました。
困りごとについても、来談される方それぞれに解決の道筋は違うため、それぞれの事情やお気持ちをぜひお聞かせください。
あまり意識されていない解決の道筋を見つけることは、困りごとの解決だけでなく、自分を慈しむ大事な体験につながっていきます。

[ 所属学会 ] 日本心理臨床学会

伊東
(いとう)

[ 特に関心のある療法 ]
ブリーフセラピー(短期療法・解決志向アプローチ)、家族療法、認知行動療法、対人関係療法

[ 特に関心のある領域 ]
気分障害、不安・パニック・強迫、統合失調症、発達障害、トラウマ、依存症、夫婦・家族・職場などの対人関係の問題全般(不和・不適応・暴力など)、家族への支援(当事者への対応など)

スクールカウンセラーを経て、当院に勤務しています。個人カウンセリングのほか、心理教育、家族教室にも関わっています。
カウンセリングは、問題や病気に対してこれからできる対処や工夫をセラピストとともに考える、いわば「作戦会議」のようなものです。問題や病気がなんであれ、「何が・誰が悪かったのか」という原因探しばかりするのではなく、「どうしたら今より少しでも楽になるのか」という問題の解消・解決づくりを大事にしています。
また、例えばご本人が治療に行きたがらない場合や、家族が疲れ切ってしまいそうな場合など、問題や病気を抱えるご本人だけでなく、その周りの方、ご家族の方からの相談もお受けしています。

[ 所属学会 ]日本家族心理学会、日本ブリーフセラピー協会、日本ブリーフサイコセラピー学会


(おか)

[ 特に関心のある療法 ]
分析心理学を軸にしたイメージ療法、力動的心理療法、夢分析

[ 特に関心のある領域 ]
気分障害、不安障害、人格障害、発達障害 思春期・青年期における問題
対人関係・家族関係の諸問題、学校・職場における不適応、トラウマ、パニック

大学の学生相談室や公共・民間の相談機関において経験を重ねました。心身面の不調、学校・職場での不適応、進路の問題、対人関係、家族の問題、子育て、介護、離別 といった現実的な問題に加え、人生の意味・生きがいなど実存的な課題にも取り組んでいきます。
来談者のその人らしさを尊重し、状態をモニターしながら、症状の緩和や考え方・捉え方に焦点を当て、対話によって改善していく方法と共に言葉にならない想いを知っていただくために、来談者の見た夢や箱庭を利用し、全体的にアプローチしていく方法も行います。
カウンセリングを受ける中で、新たな自分に出会えるようお手伝いできればと思います。

[ 所属学会 ] 日本心理臨床学会、日本箱庭療法学会、日本ユング心理学会

岡村
(おかむら)

[ 特に関心のある療法 ]
力動的精神療法、個人心理療法

[ 特に関心のある領域 ]
気分障害(うつ病・双極性障害)、不安障害、心身症、心的外傷(トラウマ)、統合失調症、対人関係上の問題、学校・職場での不適応、不登校、育児ストレス、虐待の問題など

精神科病院臨床、スクールカウンセリングなどで、さまざまなこころの問題に長く取り組んできました。
心理療法(カウンセリング)は、ただちに問題が解決するというわけにはいきませんが、ご自身やご家族の問題をていねいに振り返ってみたい、自分らしい生き方をみつけたいと思われる方には、お勧めできる方法です。
じっくりとご自身のことを考えてみたいとご希望の方には、夢を用いた心理療法(夢分析)も実施しています。継続的な面接のほか、問題を抱えておられる方への接し方など、ご家族への助言、サポートにも対応させていただきます。

[ 所属学会 ]日本心理臨床学会、日本箱庭療法学会、日本ユング心理学会

片桐
(かたぎり)

[ 特に関心のある療法 ]
認知行動療法、マインドフルネス

[ 特に関心のある領域 ]
気分障害(うつ病、双極性障害)、強迫性障害、職場のメンタルヘルス、職場復帰支援、再発予防

不安や抑うつ、ストレスからくる心身の不調をはじめとして、対人関係の悩み、ストレスマネジメントなどに、幅広く対応しています。カウンセリングでは、心理面だけでなく身体面のバランスを整えることや、症状の緩和だけでなくその方のプラスの資質を引き出すことも大切だと考えています。
カウンセリングセンターのほか、メンタルヘルス不調により休職しているかたの職場復帰を支援する「バックアップセンター・きょうと」での勤務や、企業の嘱託カウンセラーとしての活動も行っています。気分障害の再発(再休職)予防をはじめとして、広く産業領域でのメンタルヘルスにも興味を持っています。継続したカウンセリングだけでなく、ご家族や職場のメンタルヘルス担当者のかたへの助言等も行います。

[ 所属学会 ]日本認知療法学会、日本うつ病学会、うつ病リワーク協会、日本産業ストレス学会、心理臨床学会

鹿野
(かの)

[ 特に関心のある療法 ]
認知行動療法、自律訓練法

[ 特に関心のある領域 ]
働く人のストレス問題への対処、キャリアカウンセリング、気分障害

一般企業での就労歴があり、その多くの期間を人事スタッフとして、働く人が抱える様々な問題に対応して参りました。
臨床心理士資格を取ったのは一般企業就労後ですが、以降は当法人のリワーク施設「バックアップセンター・きょうと」で、うつ病(気分障害)やストレス関連疾患で会社を休職している方のスムーズな復職や再発防止の支援に力を入れております。
気分障害の背景に発達障害をお持ちの方へは、企業でのよりよい人間関係づくりや、特性を活かした働き方についても、一緒に考えて参ります。また、キャリアアップや転職を考えている方のお手伝いもしたいと思っています。

[ 所属学会 ] 日本心理臨床学会、日本産業衛生学会、うつ病リワーク協会、日本心理学会、応用心理学会

亀井
(かめい)

[ 特に関心のある療法 ]
精神分析的心理療法、メンタライゼーション理論に基づく心理療法

[ 特に関心のある領域 ]
発達障害、解離性障害、対人不安

主に心理検査を担当しています。最近では発達障害の心理検査を中心に担当しています。
心理検査では、「レッテル貼り」にならないように心がけ、その人個人の「得意なところ」をどのように今後の社会生活に活かしていけるのかを考えて報告書を作成しています。
カウンセリングでも、今抱えておられる問題点を話し合うのと同時に、自分の「得意なところ」を伸ばしたり、社会に活かしていけるのかをともに考える姿勢を心がけています。

[ 所属学会 ]精神分析学会、日本自己心理学的精神分析協会

志水
(しみず)

[ 特に関心のある療法 ]
認知行動療法、マインドフルネス

[ 特に関心のある領域 ]
うつ病、不安障害、対人関係・家族関係の問題

気分障害やパニック障害、不安障害などの病気の症状のコントロールのほか、対人関係や家庭上の困りごとにも対応致します。
まず困っていることをご相談いただき、相談者と協力して問題を解決できるように関わっていきます。物事の捉え方、コミュニケーションパターンや行動パターン、その背景となったこれまでの経過やストーリーなど、個人のあり方にも関心があり、一緒に検討していけたらと思います。
カウンセリングルームのほか、宇治おうばく病院の精神科デイケア、リカバリーセンターきらりに勤務しており、就労支援・復職支援にも携わっています。発達障害講座、認知機能改善プログラム、気分障害講座などのプログラムを担当してきました。
復職後、就労後のフォローアップのカウンセリングも対応可能です。

[ 所属学会 ] 日本心理臨床学会

白川
(しらかわ)

[ 特に関心のある療法 ]
力動的心理療法

[ 特に関心のある領域 ]
生き方の悩み、人間関係や家族関係の悩み、学校や職場など周囲の環境への適応の問題
からだの不調や不安、気分障害、統合失調症、発達障害

精神科だけでなく、小児科、大学学生相談室にて、思春期以降の方々に対し、身体症状とこころとの関連について、そしてその人らしい発達・成長という視点をもって、これまで取り組んできました。
漠然とした悩み、からだの不調はもちろん、「これは精神的なものか」「精神科にかかったほうがいいのか」などの疑問も、遠慮なく尋ねていただければと思います。
悩みや不調は、その人の生き方に通じるヒントであるという考えのもと、ご自身を知ること、ご自身と周囲との関係を知ることを大切にしていますが、まずはじっくりお話を聞き、カウンセリングで何ができるかを考えます。基本は対話を通じて行ないますが、描画や箱庭など非言語なやりとりも取り入れています。

[ 所属学会 ] 日本心理臨床学会、日本箱庭療法学会

名倉
(なぐら)

[ 特に関心のある療法 ]
認知療法、行動療法、行動活性化療法、対人関係療法、問題解決療法、アサーション、マインドフルネス、解決志向アプローチ

[ 特に関心のある領域 ]
うつ病、強迫性障害、対人関係の不和、不安神経症、感情コントロール、食生活および運度習慣と精神的健康との関係、精神神経免疫学(心身相関)、進化心理学

うつ病やパニック障害、心気症といった精神的不適応をはじめ、職場での対人ストレスや家族内不和といった人間関係の悩みも多く担当しています。
面接で大切にしているのは、第一に来談者ご自身のニーズの尊重、第二にカウンセラー側の見立ての明示、第三にその両者のすり合わせです。ご本人のストレス対処や考え方のパターン、感情のコントロール、コミュニケーションのあり方などを整理しながら、現実的な解決につながる面接を心がけています。
また、バックアップセンターきょうとに週1日出向してグループ認知療法や心理教育を担当しており、うつ病などで休職しているかたの復職支援にも携わっています。
また、ブログでカウンセラーコラムを執筆中です。

[ 所属学会 ]日本認知療法学会、日本うつ病学会、日本健康心理学会

波多野
(はたの)

[ 特に関心のある療法 ]
解決志向アプローチ、認知行動療法、プレイセラピー

[ 特に関心のある領域 ]
不登校、発達障害、気分障害、不安・パニック・強迫、統合失調症、トラウマ、家族・職場などの対人関係の問題全般、家族支援

乳幼児健診や小中のスクールカウンセラー、大学の学生相談などを経験し当院でもカウンセリングをさせてもらっています。
お話をうかがってきた方の年齢も内容も様々です。私自身がカウンセリングで大事にしていることは、まずは話しやすい空間、話しやすい雰囲気でお迎えすることです。
また、「人は互いに影響し合っている、影響しあえる」という考え方も大切にしています。よって、ご本人が相談に出向くのが困難な場合にはご家族からの相談も受けています。
クライアントさんがカウンセラーに対して気軽に質問をなげ掛けられるような面接をしていきたいと思っています。

[ 所属学会 ] 日本心理臨床学会

森永
(もりなが)

[ 特に関心のある療法 ]
力動的心理療法、認知行動療法

[ 特に関心のある領域 ]
気分障害、不安障害、統合失調症、心身症、対人関係や家族間の問題、トラウマの問題

様々な疾患(気分障害や統合失調症、不安障害、適応障害など)に由来する問題のみならず、自分自身の性格や人付き合い、または環境下で生じている様々な心理的問題、困難、困りごと、生きづらさなどの相談に多く関わってきました。
カウンセリングでは、問題や困りごとを整理し、例えばストレスへの対処や物事への捉え方といった現実的な解決を目指す視点と、その方の在りようや周囲の人たちとのこれまでの関わりといった経緯や個人史を大切にする視点を、共に大切にすることを心掛けています。
また、当法人内の精神科デイケア「リカバリーセンターきらり」にも勤務しており、就労支援や復職支援にも携わっています。

[ 所属学会 ]日本心理臨床学会

向濱
(むこはま)

[ 特に関心のある療法 ]
力動的心理療法、認知行動療法

[ 特に関心のある領域 ]
気分障害、不安障害、統合失調症、発達障害、家族・友人・職場など人間関係にまつわる問題

人間関係や仕事上の問題、ご自身の性格についてなど様々なご相談内容に対応させていただきます。
相談に来られる方のニーズを一番大事に、しんどくさせている要因を見つけるだけではなく、その人らしさを大事にしたいと思っています。どうしたら今より少しでも楽に生きられるか、その人の持っている可能性や力を引き出し、のびのびと発揮できるようなカウンセリングを目指しています。
また、気分障害や統合失調症の方への心理教育や発達障害の心理検査を担当する機会を多く持ってきました。
さらに週に1日、統合失調症の方を対象としてデイケアにも出向しています。症状や特性との上手な付き合い方、体調のコントロールの仕方などについても一緒に考えていけたらと思っております。

[ 所属学会 ] 日本心理臨床学会、日本ユング心理学会

山本
(やまもと)

[ 特に関心のある療法 ]
イメージを重視する心理療法、力動的心理療法

[ 特に関心のある領域 ]
対人関係・家族関係の問題、学校・職場での問題、発達障害、心身症

様々な心理療法の中でも、絵や箱庭や夢をあつかう心理療法に比較的多く携わってきました。
カウンセリングの中でこちらからご提案することもありますが、基本的には、来談される方のご希望に沿いながら、悩みや疑問について一緒に考えていきます。
解決を目指したり、より望ましい生き方を探すために、様々なアプローチを検討します。また、カウンセリングを続けるなかで起こる、思いもよらない出来事を大切にしていきます。

[ 所属学会 ]日本心理臨床学会、日本ユング心理学会、日本箱庭療法学会、日本身体運動学会、日本遺伝カウンセリング学会