栄仁会カウンセリングセンター

カウンセラーのご紹介

担当カウンセラーは全員が臨床心理士の有資格者です。
認知行動療法、家族療法、問題解決アプローチ、自律訓練法、EMDR等々さまざまな専門的技法を習得したカウンセラーが、来談者にとって最も適切と考えられる方法で、もしくは来談者がご希望された方法でカウンセリングを進めていきます。

 

青字=男性カウンセラー赤字=女性カウンセラー

カウンセラー(五十音順) とくに関心のある療法、領域プロフィール
青山
(あおやま)
[ 特に関心のある療法 ]
力動的心理療法

[ 特に関心のある領域 ]
家族関係の問題、愛着・発達の問題、不登校、不安障害
来談者の方が今一番苦しんでいる問題を解決ないし軽減していくための、個々それぞれの道筋を一緒に考えていくとともに、なぜそれが生じてきたのか、今後どうしていくかについて、カウンセリングを通して何かを得て持ち帰っていただけるように努めています。

[ 所属学会 ] 日本心理臨床学会
伊東
(いとう)
[ 特に関心のある療法 ]
ブリーフセラピー(短期療法・解決志向アプローチ)、家族療法、認知行動療法、対人関係療法

[ 特に関心のある領域 ]
気分障害、不安・パニック・強迫、統合失調症、発達障害、トラウマ、家族・職場などの対人関係の問題全般、家族への支援(家族の疲弊、当事者への対応方法など)
スクールカウンセラーを経て、当院に勤務しています。
個人カウンセリングのほか、心理教育、家族教室にも関わっています。どのような問題、疾患でも、何が・誰が悪かったのかという原因探しをするのではなく、どうしたら今より少しでも楽になるのかという問題の解消・解決づくりを大事にしていければと思っています。
また、例えばご本人が治療に行きたがらない場合や、家族が疲れ切ってしまいそうな場合など、病気や問題を抱えるご本人だけでなく、その周りの方、ご家族の方からの相談もお受けしています。

[ 所属学会 ]日本家族心理学会、日本心理臨床学会、日本ブリーフセラピー協会

(おか)
[ 特に関心のある療法 ]
ユング心理学を軸にしたイメージ療法、力動的心理療法、夢分析

[ 特に関心のある領域 ]
気分障害、不安障害、人格障害、発達障害 対人関係・家族関係の諸問題
大学の学生相談室や公的相談機関、民間相談機関において多くの方々の心理相談に従事してきました。来談者が抱えておられる問題や症状は、その方がよりその方らしく生きることを求める心の奥底からの訴えと捉え、より建設的に生きていけるように共に考えていく姿勢を心がけています。特定の療法にこだわりませんが、意識の内奥に潜む無意識からのメッセージであるイメージの力に興味があり、来談者の見られた夢や浮かんだイメージを取り扱うことも行います。

[ 所属学会 ] 日本心理臨床学会、日本箱庭療法学会、日本ユング心理学研究所
岡村
(おかむら)
[ 特に関心のある療法 ]
ユング分析心理学による個人心理療法

[ 特に関心のある領域 ]
気分障害、不安障害、心身症、トラウマ(心的外傷)、対人関係上の問題、学校・職場での不適応、不登校、ひきこもり、育児ストレス、虐待の問題など
病院臨床、教育臨床で、さまざまな心の問題に長く取り組んできました。カウンセリング(心理療法)は、ただちに問題が解決するというわけにはいきませんが、ご自身やご家族の問題を、ていねいに考え直してみたいと思っておられる方には、おすすめできる方法です。継続的な面接のほか、問題を抱えておられる方への接し方など、ご家族への助言、サポートも行っています。

[ 所属学会 ]日本心理臨床学会、日本箱庭療法学会、日本ユング心理学会
片桐
(かたぎり)
[ 特に関心のある療法 ]
認知行動療法、マインドフルネス

[ 特に関心のある領域 ]
気分障害(うつ病、双極性障害)、強迫性障害、職場のメンタルヘルス、職場復帰支援、再発予防
心理面だけでなく、身体面のバランスを整えたり、その方のプラスの資質を引き出すことにも重点をおいて、カウンセリングを進めていきます。また、メンタルヘルス不調により休職しているかたの職場復帰を支援する「バックアップセンター・きょうと」にも勤務しており、うつ病の再発予防に興味をもっています。継続したカウンセリングだけでなく、ご家族や職場のメンタルヘルス担当の方への助言等も行います。

[ 所属学会 ]日本認知療法学会、日本うつ病学会、うつ病リワーク研究会
亀井
(かめい)

[ 特に関心のある療法 ]
力動的精神療法、瞑想法

[ 特に関心のある領域 ]
発達障害、うつ病、人格障害、愛着の問題

当初、大学病院で内観療法などの内省や瞑想による心理療法を学んでいました。その後人の深層心理に関心を持ち、何人かの教育分析家に師事し、なるべく人の深層に焦点をあてた心理療法をするよう心がけていました。また最近では瞑想と心理療法を組み合わせた心理療法を目指しています。

[ 所属学会 ]日本心理臨床学会、包括システムによる日本ロールシャッハ学会
志水
(しみず)
[ 特に関心のある療法 ]
認知行動療法、マインドフルネス

[ 特に関心のある領域 ]
うつ病、不安障害、対人関係・家族関係の問題
大学院時代は感情表現と生理反応の関係について研究し、現在も心と体の関係に関心があります。就職後は個人カウンセリングのほか、認知症の方対象のグループや心理教育に長く関わってきました。認知行動療法をベースにカウンセリングを行っていますが、特定の療法にこだわらず、自身や悩みについてじっくり検討し、クライエントと一緒に考えていくという形をとっています。

[ 所属学会 ] 日本心理臨床学会
白川
(しらかわ)
[ 特に関心のある療法 ]
イメージを重視する心理療法、表現療法(描画・箱庭・コラージュなど)

[ 特に関心のある領域 ]
うつ病・心身症・対人関係、環境適応の問題
これまで主に精神科や小児科の病院で様々な方とお会いしてきました。対話を大切にしつつ、時には箱庭や描画など非言語的な方法も用いながら、困っていることを一緒に考え、納得のいく解決の道を探っていける場にしたいと思います。

[ 所属学会 ] 日本心理臨床学会、日本箱庭療法学会
名倉
(なぐら)
[ 特に関心のある療法 ]
認知行動療法、対人関係療法、マインドフルネス、解決志向アプローチ

[ 特に関心のある領域 ]
うつ病、強迫性障害、対人不安、成人期〜壮年期以降の不適応全般
性格傾向およびストレスとさまざまな疾病(うつ病や強迫性障害、心身症など)との関連性に興味を抱いて心理学を志しました。その後臨床現場で働くなかで、いわゆる「疾病」だけでなく、家族関係や職場における対人関係の悩み、モチベーションの喪失、問題解決の行き詰まりなど、さまざまなケースを担当しています。来談者のかたのニーズを尊重しながら問題を整理し、解決につなげていける面接を心がけています。 また、ブログでカウンセラーコラムを執筆中です。

[ 所属学会 ]日本認知療法学会、日本うつ病学会、日本健康心理学会
向濱
(むこはま)
[ 特に関心のある療法 ]
力動的心理療法、認知行動療法
ユング派心理療法をメインに学びイメージを扱うことも多いですが、必要に応じてコラム表などを用いながら認知行動療法も行うことがあります。その方にあったやり方で、その方にとってよりよい生き方ができるように援助するよう心がけています。問題解決だけでなく、その方の無意識を大事に扱い、生き方を一緒に考えて行く心理療法を目指しています。

[ 所属学会 ] 日本心理臨床学会、日本ユング心理学会
山本
(やまもと)
[ 特に関心のある療法 ]
イメージ療法、力動的心理療法

[ 特に関心のある領域 ]
心身症、発達障害、人格障害、気分障害、対人関係の問題、家族関係の問題、学校・職場での不適応
さまざまな心理療法の中でも、イメージを用いた心理療法に特に関心があります。絵や箱庭を使った表現をご提案することもあります。また、からだとこころの関係や、それぞれの方のからだとの付き合い方にも関心があります。
けれども、実際は、特定の療法にあまりこだわらず、クライエントの方が抱いている悩みや疑問、興味、関心事について一緒に考えていくことが多いです。一緒に解決を目指したり、より望ましい生き方を探すお手伝いをしたい、と思っています。

[ 所属学会 ]日本心理臨床学会、日本ユング心理学会、日本箱庭療法学会、日本身体運動学会、日本遺伝カウンセリング学会