栄仁会のカウンセリングルームご案内

相談事例のご紹介

一覧に戻る

カウンセリングってどんなことが相談できるの? 初めてのご利用の場合、こんな不安をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
このコーナーでは実際の相談事例をご紹介します。

事例-05 過去のつらい出来事にとらわれ続けてしまうケース

天災や交通事故、虐待、暴行といった外傷的な出来事を経験すると、安全な状況下であっても恐慌状態に陥ったり、当時の映像がフラッシュバックしたりして、生活に支障が出てくることがあります。PTSD(心的外傷後ストレス障害)が疑われるこのような方へのカウンセリングでは、じっくりお話をうかがいながら気持ちの整理をすすめていくだけでなく、EMDR(眼球運動による脱感作と再処理法)という手法を用いて症状の軽減をはかることもあります。