デイケア・リハビリ
デイケア・リハビリ
Rehabilitation

精神科デイケア サポートセンター「みらい」

デイケアとは精神科の診断を受けた方々が、再発や再入院をせず、地域で安定した生活を送ることができるようにサポートするリハビリテーションサービスです。様々な活動やプログラムを通じて、一人一人に合った社会参加や社会復帰を目指していきます。

「サポートセンターみらい」について

「サポートセンターみらい」は生活支援・余暇支援型デイケアとして、「生活の安定や維持」「対処の仕方の獲得」「人と交流し、楽しい時間を過ごすこと」などをお考えの方を対象としております。利用日数も症状や生活状況に合わせて相談しながら決めており、幅広い年齢層の方、用途の方を対象にしています。軽体操やミーティンググループ、クラフトなど各種プログラムがあります。人と過ごすこと、人と関わることを通したリハビリテーションですが、個別での手芸やペーパークラフトなどの創作を通して、自分のペースで過ごしてもらうことも可能です。

開所日

月曜日~土曜日(日曜日、祝・祭日はお休み)
デイ利用 9時~15時(昼食あり)
ショート利用 9時~12時もしく12時~15時

9時から15時までの6時間、開いており、お昼には食事の提供があります。
午前だけ、午後だけのショート利用(3時間の利用)も出来ます。
ただしショート利用の方は昼食サービスはつきません。

一日の流れ
(9:00~15:00)

9:00~ 9:15~ 10:00~ 12:00~ 13:30~ 14:50~
朝の会 体の体操・
ラジオ体操
午前
プログラム
昼食 午後
プログラム
終わりの会

※プログラムの間は、フリーとなり、ご利用者さん同士の談話や自由活動ができます。

このような方にお勧めです

  • 病気とうまく付き合いながら、充実した生活を送りたい
  • 生活のリズムを整えたい、維持したい
  • 話し相手を見つけたい
  • 楽しみや趣味を見つけたい
  • 生活に必要な知識を増やしたい
  • 家事をこなせるようになりたい
  • 退院直後で困ったことがあり、どうにかしたい
  • 今ははっきりしないが、何かをしたい

プログラム

  • 趣  味:クラフト・絵画・音楽クラブ・カラオケ・お菓子教室・陶芸・シネマ・茶道など
  • 健  康:ヨガ・スロートレーニング・体操・フットバス・健康チェックなど
  • 生活技能:DIY・料理体験など
  • 対人交流:喫茶活動・ミーティング・交流会・外出企画など
  • その他 :病状や社会資源、在宅生活での相談、心理プログラムなど


▲茶道


▲陶芸


▲塗り絵


▲革細工

利用方法と費用について

ご利用方法

利用希望の方は、まずは見学にお越しください。見学は随時お受けしています。
見学ご希望は、直接デイケアに連絡して頂くか、主治医・看護・相談員に伝えて頂いても結構です。

見学をご希望の方は

Tel:0774-66-5001

当院・当法人クリニック利用の方

見学後、主治医の許可が得られれば、利用して頂けます。

当院・当法人クリニック以外を利用の方

他院で受診されている方も主治医を変えずにご利用することができます。
通院先の主治医の許可があれば、紹介状を持参の上、当院デイケア担当医の診察後、利用して頂けます。

費用

各種健康保険が適応されます。
自己負担金については、自立支援医療制度にて軽減されます。

よくあるご質問

Q. ちゃんと通所できるか、うまくできるか心配です。
うまくできなくても大丈夫です。目的はデイケアでうまくやっていくことではなく、地域社会の中で再発せずに、充実した生活を送ることです。
そのためには、人との関わりの中で、自分の状態を考え、得意なこと、苦手なことを探したり、集中力や思考力の回復を状態に合わせて促したりしていくことが必要です。
スタッフがついて、これらを一緒に考えていきます。
Q. 2つのデイケアのうち「きらり」がよいか、「みらい」がよいかが分かりません。
「どのサービスを使えば、一歩進めるのだろう…?」と迷っておられたり、利用を決めかねたりしている場合は、それらの疑問も含めてご連絡ください。両デイケアの見学も可能ですし、法人内の別のサービス(ワークネットきょうと等)の紹介もできます。ひとまずご連絡ください!
Q. 精神科のリハビリと聞いても、ピンときません。
就職や復職、作業所への通所などが目標となる場合は少ししんどいなと思うトレーニングも出てきますが、楽しい時間を過ごしたり、軽いスポーツで汗を流したりすることも大切です。
デイケアに来て何かをするだけでなく、ご自分の生活の中で「家から出る」「人がいる場所に行く」時間をつくることがリハビリテーションのスタートになります。