入院のご案内
入院のご案内
Hospitalization

入院病棟のご紹介

宇治おうばく病院には、精神科病棟(一般・認知症)、内科病棟の他、精神症状と身体症状の両面を治療する合併病棟があります。
病気や治療などについてわからないことがありましたら、ご遠慮なく医師、看護師等におたずねください。

宇治おうばく病院では内科一般病棟、精神科病棟を有しており、経験を持つスタッフがおりますので、透析が必要な方以外は安心してご利用いただけます。

清潔でゆったりしたアメニティ、機械浴もできる浴室と、デイルームからご覧頂けるC棟最上階からの、宇治市街の眺望をお楽しみいただけます。

院内のご案内はこちら
×

精神科一般病棟(身体合併症)

A2病棟(身体合併症)

精神科疾患と身体的疾患を合併しているかたを対象として、内科医と精神科医が共同で主治医となって治療にあたっています。
精神症状や認知症症状のため内科的疾患の治療を十分に受けられなかったかた、他施設を利用中で併せて精神科的治療をご希望のかたなどにご利用いただいています。
精神科病院を母体としながらMRIやCTといった検査機器も充実しており、内科的治療が必要な際には当病棟で受け入れ治療を行うことが可能です。心身ともに安心していただける入院環境を大切にしています。

×

精神科救急病棟

A3・C5病棟(精神科救急病棟)

「早く回復、しっかり克服」を目標として精神科医、看護師、臨床心理士、精神保健福祉士、作業療法士、薬剤師など多様な専門職種が、密度の高いチーム医療を提供しています。
退院時には、家庭や地域で安定した生活がおくれるよう、そのかたに合ったリハビリやサービスを提供します。「病気を一緒に治していく」という立場から、病気の特性や治療法、対応の仕方などの理解をご本人およびご家族に深めていただく心理教育や家族教室にも力を入れています。
思春期から高齢者、統合失調症からうつ病や認知症まで、幅広い対象の皆さまに安心して過ごしていただける治療環境づくりに日々取り組んでいます。

×

精神科急性期治療病棟

A4病棟(急性期病棟)

「家では休息がとれない」「薬の副作用がつらい」「対人関係がうまくいかない」等々、症状によって地域社会での生活のしづらさを感じて困っているかたの入院治療を行っています。
治療についての悩みや不安には担当医をはじめ、内科医、看護師、精神保健福祉士、作業療法士、臨床心理士、薬剤師、管理栄養士など多職種がサポートにあたっています。
退院後の社会復帰を円滑に進めるための作業療法などの治療プログラムも充実しています。安心した入院生活を送っていただくことを大切にしています。

×

精神療養病棟

A5病棟(精神科療養病棟)

60床、男女混合の精神療養病棟です。
短期間の急性期治療ではなく、地域移行を目指したリハビリ活動を中心に、個人に合わせたケアをゆとりをもって提供しています。
医師・看護スタッフだけでなく、専従の作業療法士や退院支援相談員、療養病棟を担当する精神保健福祉士が、多面的な視点での関わりを意識してサポートにあたります。
ユーモアのある病棟独自の新聞を発行して、ご家族との繋がりも大切にしています。

×

精神療養病棟(男女混合)

A6病棟(精神科療養病棟)

患者さんご本人やご家族の思いに寄り添った話し合いの場を多くの職種・スタッフが提供しています。安心できるサポート体制を常に意識し、個々の患者さんの能力をしっかり見極めながら、退院後の地域生活への移行をお手伝いしています。利用者のかたがたに「入院してよかった」と思っていただけるよう日々努力しています。

×

療養病棟(医療)

A7病棟(医療療養病棟)

内科的疾患の治療が必要であっても病状が比較的安定しているかたや、脳卒中などの後の急性期リハビリを終えて継続的なリハビリを要しているかたなどにご利用いただいています。
長期療養だけでなく在宅復帰や他施設への入所も念頭におきながら、個別に応じた看護・介護を実践しています。季節ごとのレクリエーション等も積極的に行うことで、入院しているかたにとって楽しい生活の場となるよう取り組んでいます。

×

一般病棟 (メンタルヘルス)

A8病棟(内科・メンタルヘルス病棟)

高度医療の点では限界はありますが、内科疾患の診断と治療を行います。
その他、検査目的の入院や、糖尿病などの慢性疾患に対する教育、栄養指導を目的とした入院も可能です。
また、閉鎖処遇を必要としないうつ病や気分障害の方の休息・治療を目的とした入院にも対応しています。疾患によっては、内科と精神科の併診が可能で、運動機能リハビリから作業療法、心理カウンセリングなど、各種症状にあわせた治療を受けられます。
清潔でゆったりしたアメニティと宇治川を一望できる8階からの眺望のなか、心身ともにリラックスした入院生活を過ごしていただけます。

×

認知症治療病棟

C6病棟(認知症治療病棟)

認知症に付随して生じる不穏、幻覚、妄想、暴力、徘徊といった症状のために地域での生活が困難となり、薬剤調整や環境調整を目的として入院となるケースがしばしばあります。こういった付随症状のある認知症では介護も容易ではありません。
認知症の多くは治すことが困難であり、障害を抱えながら生涯をすごすことになります。

しかし、病気の状態や程度、ご本人の心理などを十分に理解することで、認知機能を維持しながらその人がその人らしく生活できる可能性が大きく向上します。

当病棟では医師、看護師、介護福祉士、看護補助者、作業療法士、精神保健福祉士など多職種が、その人らしさを取り戻すための生活機能回復訓練、作業療法、回想法、学習療法といった各種の専門プログラムを提供しています。

×

介護療養型医療施設「むつみ」

C7病棟(介護療養型医療施設「むつみ」)

長期療養を必要とされるかたに、自立した暮らしを営めるよう支援しています。
具体的には、介護認定をすでに受けていて要介護1以上のかたを対象として、介護支援専門員(ケアマネージャー)が作成した「施設サービス計画」に基づいて、

  • 療養上の管理
  • 看護&医学的管理下における介護
  • その他の介助
  • 機能訓練(リハビリテーション・必要な医療

等を行うことによって、利用者の方がそれぞれの能力に応じて自立した生活を過ごせるよう支援することを目的としています。
また、長期療養だけでなく在宅でお過ごしのかたも、短期入所療養介護(ショートステイ)としてご利用いただけます。

生活の場である療養環境の「住み心地」を大切にして(お一人当たり6.8平方メートル)、心のこもった笑顔と声かけを常に心がけながら、スタッフが日々のケアを実践しています。
宇治おうばく病院には内科一般病棟と精神科病棟の両方があり、それぞれ経験豊富なスタッフがいますので、透析が必要なかた以外は安心してご利用いただけます。
清潔でゆったりしたアメニティに、機械浴もできる浴室を備えており、デイルームからご覧頂けるC棟最上階(7階)から宇治市街の眺望をお楽しみいただけます。

入所のご相談、ショートステイのご相談などお気軽にご相談ください。

介護療養型医療施設「むつみ」の利用相談は

Tel:0774-32-8111
(代表)

Fax:0774-32-6358