イメージ
デイケア・リハビリテーションのご案内

お問い合わせ・ご相談


精神科作業療法室「OT-リボーン」

OT-リボーンは、入院生活の中で、作業療法を行います。
作業療法とは、個別、あるいは、他の人たちとのかかわりの中で、実際に「何かをする」という体験を通して、生活のさまざまな面での支援をしていくリハビリテーションの一つです。

「作業」と聞くと、なにか仕事的なものを思い浮かべる方も多いのですが、創作、軽スポーツ、家事、趣味、など生活に関わる全ての活動を作業活動と位置づけています。

毎日の生活の中で、こんなことを考えることはありませんか?

イメージ

でも、実際に何かをしようとしても…

イメージ

と思っておられませんか?
人間の脳は、準備が全部出来てから何かをする(できる)ようになっているのではなく、「とりあえず」「まだ、完全ではないけど」などと思いながらやってみるうちに、徐々にやる気がでて、そこを中心に心身に良い刺激がいきわたるようになります。


イメージ

まずは身体を使ってみる

精神科の疾患でも、大切なのは身体です。実際に何かをすると言うことは「身体を動かす」ということです。まだむずかしいかな、と思っても、実際にやってみると「意外と出来た」と言うことも実は多くあります。

ついつい、いろいろ頭で「できるかなあ」「出来ないと思うからやめておく…」と考えてしまうことも多いのですが、まずは「身体を使ってみる」と、自分でも知らなかったご自分の「できること」が見えてくることがあります。

担当の作業療法士がつきます

イメージ

ただ、一人で頑張って始めてみる、と言うのは難しいことです。
精神科作業療法室では、ご相談いただければ担当の作業療法士が、ご相談者に合ったプログラムの開始メニューを考えさせていただきます。


まずはOTリボーンへ(そこからの流れ)

イメージ


週間プログラム

週間プログラム(月曜〜金曜)
午前 入院患者様を中心に、ストレッチや個々の目的に沿って行っているプログラムがあります。
午後 入院患者様を対象に創作活動や疾患についての講座、退院に向けての活動などを行っています。